米にタリバンとの接触求める 中国外相、電話会談で

中国の王毅国務委員兼外相(共同)
中国の王毅国務委員兼外相(共同)

中国の王毅(おう・き)国務委員兼外相は29日、ブリンケン米国務長官とアフガニスタン情勢に関して電話会談した。中国国営中央テレビ(電子版)によると、王氏は、アフガンで実権を掌握したイスラム原理主義勢力タリバンについて「各方面はタリバンと接触を進め、積極的に導く必要がある」との考えを示した。

両氏は今月16日にアフガン問題をめぐり電話会談しており、事態が変化する中で短期間での再会談となった。中国はタリバンへの影響力を強めており、米国など国際社会がタリバンを正式な政府として承認することへ向け、環境整備を進める狙いがうかがわれる。

王氏は、アフガン情勢について「既に根本的な変化が起きている」と指摘。タリバンが主導する政権移行が進んでいることを念頭に置いた発言とみられる。その上で、米側に「国際社会とともに、新政権が政府組織の正常な運営を維持することを援助する必要がある」と強調した。

また、今月31日を期限とする米軍の撤収について「各種のテロ組織が再起を図る機会を提供するだろう」と批判的に述べ、アフガンのテロ対策を支援するよう米側に求めた。(北京 三塚聖平)