西山女流三冠が大阪狭山の観光大使「魅力発信したい」

大阪狭山市の観光大使となり、さやりん(右)と記念撮影する西山朋佳女流三冠=30日午後、大阪狭山市役所
大阪狭山市の観光大使となり、さやりん(右)と記念撮影する西山朋佳女流三冠=30日午後、大阪狭山市役所

大阪府大阪狭山市は30日、同市出身で将棋の女流棋士、西山朋佳(ともか)女流三冠(26)を観光大使に委嘱するセレモニーを市役所で行った。就任した西山女流三冠は「大阪狭山市の良さや魅力を発信できれば」と抱負を語った。

西山女流三冠は8つある女流タイトルのうち、女王、女流王座、女流王将の3つを保持。里見香奈女流四冠(29)とタイトルを分け合う女流トップ棋士だ。大学進学まで市内に住んでいた。市内からは、幼なじみで同じ女流棋士の室谷由紀女流三段(28)も輩出。平成29年から観光大使を務めている。

 大阪狭山市の観光大使となり、マスコットキャラクターのさやりん(右)と記念対局する西山朋佳女流三冠=30日午後、大阪狭山市役所
大阪狭山市の観光大使となり、マスコットキャラクターのさやりん(右)と記念対局する西山朋佳女流三冠=30日午後、大阪狭山市役所

この日、西山女流三冠は和服姿で登場。古川照人(てるひと)市長から委嘱状を受け取った後、市のマスコットキャラクター「さやりん」と記念対局に臨んだ。対局は西山女流三冠が勝った。

市内で最も好きな場所は狭山池で「サクラの時期は夜桜も楽しめる」とPR。また、9月11日開幕の「ヒューリック杯白玲戦七番勝負」への出場を控えており、「いい結果をご報告できるよう、頑張る」と健闘を誓った。