自民・下村氏、総裁選出馬断念

自民党の下村博文政調会長(沢田大典撮影)
自民党の下村博文政調会長(沢田大典撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相(自民党総裁)の総裁任期満了に伴う総裁選への出馬意欲を示していた自民党の下村博文政調会長は30日、出馬を断念する方針を固め、所属する細田派(清和政策研究会、96人)幹部に伝えた。複数の関係者が明らかにした。

下村氏は同日朝の都内での街頭演説でも総裁選について「準備している」と述べていた。関係者によると、その後に首相と官邸で会談し、出馬断念か政調会長辞任を迫られ、翻意したという。

■自民・下村氏「首相の頑張りが国民に届いていない」

会員限定記事会員サービス詳細