音楽イベントで酒類提供 対策不徹底と愛知県抗議

愛知県の大村秀章知事は30日の記者会見で、同県常滑市で29日に開かれた野外音楽イベントで、新型コロナウイルス感染対策が徹底されず、酒類も提供されていたとして主催者に抗議する考えを示した。「ステージ前ではソーシャルディスタンスが取られておらず、一部酒類の提供もあったようだ。要請が守られず極めて遺憾だ」と述べた。

県によると、イベントは県国際展示場で開催された「NAMIMONOGATARI2021」。約8千人分のチケットが販売、提供済みだった。今年は40組以上が出演者として名を連ねていた。

イベントに出演したヒップホップ・アーティストのZeebraさんは30日、ツイッターに「県のルールにのっとっていると聞いたので出演したが、危険な状況だった」と投稿した。