中部横断道が全線開通

中部横断自動車道の全線開通を祝い、走り初めが行われた=29日、山梨県身延町(平尾孝撮影)
中部横断自動車道の全線開通を祝い、走り初めが行われた=29日、山梨県身延町(平尾孝撮影)

中部横断自動車道で未開通部分の下部温泉早川インターチェンジ(山梨県身延町)―南部インターチェンジ(同県南部町)間の13・2キロが、29日午後4時に開通し、同自動車道の山梨-静岡区間が全線開通した。

同日午前に開通式典が身延山インターチェンジ(身延町)付近で開かれ、山梨県の長崎幸太郎知事、静岡県の川勝平太知事、国会議員、地元の市町村長らが出席した。長崎知事は「清水港や富士山静岡空港を活用し、フレッシュな付加価値の高い山梨の果樹の輸出が可能になる」と、全線開通による経済効果などアピールした。

テープカット、くす玉割りで開通を祝い、その後、走り初めが行われた。

会員限定記事会員サービス詳細