沖縄のワクチン異物、注射針を刺した際にゴム栓が混入 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関(佐藤徳昭撮影)
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関(佐藤徳昭撮影)

新型コロナウイルス感染症の米モデルナ製ワクチン異物混入問題で、沖縄県で28日に見つかった異物について、厚労省は29日、使用時に注射針を瓶に刺した際にゴム栓が削り取られて混入した可能性が高いなどとして、品質に問題はないと考えられると発表した。同一のロット番号「3005293」の使用を差し控える必要はないとしている。

厚労省が同日、国内供給元の武田薬品工業から調査結果を聴取した。沖縄県の広域接種センターでは28日、注射針を刺した後のワクチンの瓶1本とワクチンを充填(じゅうてん)した注射器2本から黒い点状の異物が見つかった。他に、別のワクチン充填済み注射器1本にピンク色の異物が混入していた。27日にも充填済みの注射器1本から黒い異物が見つかっていた。

厚労省によると、これらで用いたワクチンの瓶の中には注射器を刺す前に異物がないことが確認されていた。このため、黒い異物はすべて、瓶に注射針を刺す際に削り取られた瓶のゴム栓の一部とみられると判断した。ゴム片の混入は針を斜めに押し込むなどした場合に起きる「コアリング」と呼ばれる現象だという。

武田薬品は製造工程でもごくまれにゴム栓の破片が瓶の中に混入する可能性があるとしている。ゴム栓が混入していてもワクチンの有効性と安全性に問題はないという。

また、注射器内から見つかったピンク色の異物については、「大きさからワクチンに由来するものではない」と判断した。