歴史の転換点から

人譚(ひとがたり)─渋沢栄一が見た幕末維新と明治⑦大隈・伊藤・井上─恩人兼悪友の偉才たち

記事に戻る記事に戻る