新型コロナ起源 米情報機関、結論を見送り バイデン氏、中国に国際圧力

バイデン大統領(AP)
バイデン大統領(AP)

【ワシントン=黒瀬悦成】米国家情報長官室(ODNI)は27日、バイデン大統領から調査を指示されていた新型コロナウイルスの起源に関する報告書を公開した。報告書は、ウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から流出したのか、あるいは動物から人に感染したのかに関し、これらの仮説を裏付ける十分な証拠がなかったとして、結論を見送った。

報告書は、ウイルスの起源を特定するには中国の協力が必要であると指摘。同時に、ウイルスが「生物兵器として開発されたものではないと判定した」とし、「ウイルス生物兵器説」を否定した。

さらに、感染が発生するまで中国当局者がウイルスに関する事前情報を得ていなかった、との分析も明らかにした。

バイデン大統領は27日の声明で、報告書で結論が出なかったとしても「今回のパンデミック(世界的大流行)の起源を解明する取り組みを止めることはない」と述べ、事態の再発防止のためにもウイルスの起源解明に「全力をあげる」と強調した。

バイデン氏はその上で「中国政府は今日に至るまで、透明性を求める(国際社会の)要請を拒絶し、声を拒否し、ウイルス情報を公表していない」と批判した。世界の国々などと協力して「情報を完全に共有し、世界保健機関(WHO)の再調査に協力するよう中国に圧力をかける」とも表明した。

バイデン氏は5月、情報機関に対して90日以内に調査結果を報告するよう指示し、今月24日がその期限となっていた。報告書は機密情報を除いた上で一般向けに公表された。