硫酸男、沖縄の友人宅に潜伏か 自身もやけど - 産経ニュース

メインコンテンツ

硫酸男、沖縄の友人宅に潜伏か 自身もやけど

花森弘卓容疑者(警視庁提供)
花森弘卓容疑者(警視庁提供)

東京メトロ南北線白金高輪駅(東京都港区)で24日夜、男性会社員(22)らが硫酸とみられる液体をかけられるなどして負傷した事件で、沖縄県内で身柄を確保され傷害容疑で逮捕された花森弘卓(はなもり・ひろたか)容疑者(25)が、琉球大学出身で宜野湾市内の友人宅に潜伏していたとみられることが28日、捜査関係者への取材で分かった。「今は話したくない」などと認否を留保。警視庁捜査1課は友人からも事情を聴いている。

捜査1課などによると、防犯カメラのリレー捜査で、花森容疑者が宜野湾市内に潜伏していることが判明。28日朝、同県内の路上で沖縄県警の捜査員が確保した。名前を確認すると「スナガワです」と偽名を名乗ったが、その後、本人だと認めたという。両腕や胸、まぶたにはやけどの痕があった。現在、那覇市内の病院で治療やPCR検査を受けており、陰性が確認され次第、身柄を警視庁に移送する。

花森容疑者は24日の犯行後、当日中に新幹線で静岡に戻り、いったん帰宅。25日に電車で名古屋方面まで移動するなどして、同日夕に中部国際空港から那覇空港に飛んだ。到着後、バスを使って移動し、宜野湾市内の友人宅に潜伏していたとみられる。

花森容疑者は琉球大学出身で被害男性と同じサークルに所属していたが、男性にはトラブルの心当たりはないという。花森容疑者は現在、別の大学に在籍している。

事件は24日午後9時すぎに発生。白金高輪駅で、男性に硫酸のような液体を至近距離からかけた。男性は両目の角膜を損傷するなどの重傷。男性の後ろにいた女性会社員(34)も液体に触れて足に軽いやけどを負った。捜査1課は花森容疑者宅の捜索を実施し、傷害容疑で指名手配。顔写真も公開して行方を追っていた。

犯行時には、全身黒の服に身を包み、黒の帽子や手袋を着用。男性の会社付近から後をつける姿も確認されており、計画的に犯行に及んだ可能性もあるとみて、捜査1課が動機や逃走経路などについて詳しく調べている。

>硫酸男の身柄を沖縄で確保、傷害容疑で逮捕 警視庁