桐生「大きな拍手生まれるレースを」 28日に競技会

桐生祥秀選手
桐生祥秀選手

陸上のナイトゲームズ・イン福井(28日、福井県営陸上競技場)に出場する有力選手の会見が27日、福井市内で行われ、東京五輪男子400メートルリレー代表の桐生祥秀(日本生命)は「有観客で開催してもらえることを本当にうれしく思う。より大きな拍手が生まれるようなレースをしたい」と抱負を語った。大会主催者によると、チケットの販売状況などから1800人程度の客入りが見込まれる。

桐生は自身のイベントで小学生と50メートルを走った後、100メートルに出場する。「タイムを狙うレース。今シーズンは、この大会で終わるので、良い感じで来シーズンにつなげたい」と、来年の世界選手権(米オレゴン州ユージン)の参加標準記録10秒05の突破を目指す。

男子走り幅跳びにエントリーしていた110メートル障害日本記録保持者の泉谷駿介(順大)は、コンディション不良のため欠場する。