軽EV、令和4年度初頭に発売 日産、三菱自が共同開発

日産自動車が2019年に公開した軽自動車の電気自動車(EV)試作車のイメージ
日産自動車が2019年に公開した軽自動車の電気自動車(EV)試作車のイメージ

日産自動車と三菱自動車は27日、共同で開発している新型の軽自動車の電気自動車(EV)を令和4年度初頭に国内で発売すると発表した。脱炭素化が進み、開発競争が激化している軽自動車のEVを他社に先駆けて市場投入する狙いだ。

バッテリーの総電力量は20キロワット時で、1回の充電での走行距離は約170キロ。国などの補助金を差し引いた実質購入価格は約200万円からとなる見込み。車台の共通化や車載電池の共同調達で車両価格を抑えた。

全長約3・4メートル、幅約1・5メートルと小回りが利く運転しやすいサイズとし、運転支援技術も搭載する予定。三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産する。

日産は2030年代早期に主要市場で発売する新型車を全てEVなどの電動車にする計画で、三菱自は令和12年度までに世界販売の5割を電動車にすることを目指している。