コロナ受け入れ病院倒産 全国初か - 産経ニュース

メインコンテンツ

コロナ受け入れ病院倒産 全国初か

帝国データバンク大阪支社は27日、新型コロナウイルスの入院患者を受け入れていた大阪市福島区の松本病院を運営する医療法人友愛会が26日に大阪地裁に民事再生法を申請したと発表した。同支社はコロナ患者受け入れの医療法人の倒産は全国初としている。負債総額は約52億円。

帝国データバンクによると、内科や外科など幅広い外来診療に加え、24時間の救急医療にも対応していた。ただ、新型コロナ禍前から新病院棟開設に伴う先行投資の負担が重く、経営状況は厳しかった。

今年1月からは大阪府の要請を受け、新型コロナの軽症と中等症の患者を一部の病床で受け入れていた。この結果、外来患者の減少に拍車がかかった。今後は病院の運営を続けながらスポンサーを探して経営を再建するとしている。