首相「明かり」発言は不適切 国民・玉木氏 - 産経ニュース

メインコンテンツ

首相「明かり」発言は不適切 国民・玉木氏

記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表=26日午前、国会(原川貴郎撮影)
記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表=26日午前、国会(原川貴郎撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表は26日、菅義偉(すが・よしひで)首相が緊急事態宣言の対象地域拡大などを説明した25日の記者会見で「明かりははっきりと見え始めている」と述べたことについて、「不適切な発言だ」と批判した。

玉木氏は国会内で開いた記者会見で、首相の発言について「緊急事態宣言だから自粛しなければいけないと思いきや、何もしなくても明かりに近づいていくだろう、と受け取った側は思う」と指摘。「方向の異なるメッセージを出し続けていることが、(緊急事態宣言などが)効果が出ない一番の理由だ」と語った。

玉木氏は方向の異なるメッセージの例として、緊急事態宣言下での東京五輪開催や「Go To キャンペーン」を挙げ、「前に進んでいいのか、後ろに下がらなければいけないのか分からないので、国民は困惑し、従う気持ちが出てこない」と主張。「明かり-」発言を「危機のときのリーダー」の不適切な発言の典型例だとして重ねて批判した。

■【菅首相記者会見】首相「明かりははっきりと見え始めている」