慰安婦〝批判〟禁止法案撤回、当事者らの反発受け - 産経ニュース

メインコンテンツ

慰安婦〝批判〟禁止法案撤回、当事者らの反発受け

11日、ソウル西部地裁に到着し、記者団に囲まれる元慰安婦支援団体の前代表、尹美香被告(共同)
11日、ソウル西部地裁に到着し、記者団に囲まれる元慰安婦支援団体の前代表、尹美香被告(共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の与党「共に民主党」議員が、国会に提出していた元慰安婦への名誉棄損(きそん)を禁じる法案を撤回したことが26日、分かった。複数の韓国メディアが報じた。

法案は、元慰安婦支援団体も保護の対象とし、団体前トップで寄付金などを流用した罪で起訴された尹美香(ユン・ミヒャン)議員も共同提案者になっていたことから「尹美香保護法だ」との批判が噴出し、元慰安婦の女性も批判に加わっていた。

議員関係者は、メディアの取材に「被害者のおばあさん方の反発を考慮した」と法案撤回を認めた上で「再提出する計画も今のところはない」と説明した。