完全オンラインの株主総会 ユーグレナ、国内上場企業で初

完全オンラインによる株主総会を開催し、あいさつするユーグレナの出雲充社長=26日午前
完全オンラインによる株主総会を開催し、あいさつするユーグレナの出雲充社長=26日午前

バイオベンチャー企業のユーグレナは26日、国内上場企業で初となる完全オンラインによる株主総会を開催した。会場を設けず、遠方に住む多くの株主にも物理的な制約なく出席してもらうことが狙い。新型コロナウイルスの流行も考慮した。開催が簡便で採用企業が拡大する可能性もある。

完全オンライン総会は、6月に成立した改正産業競争力強化法の施行で可能になった。開催には経済産業相と法相の確認手続きを終えた上で、会社の重要ルールをまとめた定款に盛り込むことが原則必要になる。ただコロナの影響を踏まえ、当初2年間は定款を変更しなくても開催できる。

出雲充社長は完全オンライン化に踏み切った理由として新型コロナウイルス対策を挙げた上で「できる限り多くの株主に、物理的な距離や時間的な制約なしに参加してほしい」と説明。「今回は日本初の試みとなる。多くの株主から理解と協力をいただき、お礼申し上げる」と述べた。