フィギュア宇野、今季フリーは4回転4種類5本の意向 - 産経ニュース

メインコンテンツ

フィギュア宇野、今季フリーは4回転4種類5本の意向

アイスショー「フレンズ・オン・アイス」のリハーサルで演技する宇野昌磨=コーセー新横浜スケートセンター
アイスショー「フレンズ・オン・アイス」のリハーサルで演技する宇野昌磨=コーセー新横浜スケートセンター

フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)が26日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで行われたアイスショーのリハーサル後に取材に応じ、2022年北京冬季五輪シーズンとなる今季のフリーに、4回転ジャンプを4種類5本盛り込む意向を示した。「今は一つ一つのジャンプならいいものが跳べている。あとは試合につなげる練習をしていけば、例年よりいい状態で試合に挑める」と自信をのぞかせた。

リハーサルでは、「オーボエ協奏曲」を披露した。今季のショートプログラム(SP)で使う可能性が高いという。北京五輪に向け「日本はレベルが高い。僕も五輪に出場できるように、毎日毎日を大切にしい」と力を込めた。

リハーサルには、女子の坂本花織(シスメックス)や宮原知子(木下グループ)、樋口新葉(わかば)(明大)らも参加。樋口は、今季のSP「ユア ソング」で伸びやかに舞い、「五輪に出て、自分の夢をかなえたい」と意気込んだ。

アイスショーは27日から29日まで計5公演が予定されている。