総裁選日程了承、野田委員長「遊説はコロナ留意」

自民党は26日の臨時総務会で、菅義偉首相の総裁任期満了(9月30日)に伴う総裁選を「9月17日告示、29日投開票」で実施することを了承した。国会議員と都道府県連の投票による簡略型だった昨年9月とは異なり、今回は党員・党友と国会議員の各383票、計766票を争う「フルスペック」で実施される。

総裁選の選挙管理委員会(委員長・野田毅元自治相)は26日の会合で、投開票を東京都内のホテルで行うことを決定した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、選挙期間中の地方遊説や街頭演説の在り方に関しては次回会合で協議する。

野田氏は総務会後の記者会見で「コロナ禍の総裁選だ。感染拡大をいかに防止するか、みんな必死になっている最中なので、格別の留意をして対応しなければいけない」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細