障害者けが、施設職員逮捕 押し倒した疑い、栃木

栃木県警本部=宇都宮市塙田(根本和哉撮影)
栃木県警本部=宇都宮市塙田(根本和哉撮影)

栃木県警は26日、栃木市の障害者福祉施設「カーサ・エスペランサ」で女性入所者(45)の顔を手で押して床に転倒させけがを負わせたとして、傷害の疑いで、宇都宮市下桑島町の施設職員、増渕伝容疑者(62)を逮捕した。県警によると、「転倒はさせたが顔は押していない」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は7月6日午後8時40分ごろ、施設内で女性の顔を左手で押し床に転倒させ、左まぶたを切る1カ月のけがを負わせたとしている。

被害者の関係者が8月2日に栃木署に相談した。