強制わいせつ疑い記者逮捕 宮城テレビ勤務の派遣社員

宮城県警仙台南署は25日、女性に背後から抱きつき胸を触ったとして強制わいせつの疑いで、宮城テレビ放送(仙台市)で記者として勤務する派遣社員の菅原秀人容疑者(25)=同市太白区西中田=を逮捕した。署によると、菅原容疑者は「背後から抱きついたのは間違いない」と供述する一方、胸を触った容疑については一部否認している。

逮捕容疑は7月19日午後10時5分ごろ、仙台市太白区の住宅街でアルバイトから帰宅途中の女子大生に背後から抱きついて、胸を触るなどわいせつな行為をしたとしている。

菅原容疑者は宮城県警の記者クラブにも所属。同社は「当社構内で勤務する者が逮捕されたことは誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます」とするコメントを発表した。