長迫吉拓がトラックに転向 BMXレース東京五輪代表

 長迫吉拓
 長迫吉拓

自転車BMXレースの東京五輪男子代表の長迫吉拓(JPF)が25日、自身のインスタグラムを更新し、BMXレースのキャリアを終え、トラック種目に転向することを明らかにした。

長迫は2大会連続出場となった東京五輪で1回戦敗退。22日の世界選手権(オランダ)は39位で「BMXで限界に達し、これ以上、向上できないと感じた」とつづった。トラック種目ではこれまで日本の男子チームスプリントで第1走者を務め、世界選手権やワールドカップ(W杯)に出場した実績があり「新しいチャプターを楽しみにしている」と記した。

会員限定記事会員サービス詳細