浪速風

「ガチでヤバい」マジで

ワクチンの接種を受ける人(代表撮影)
ワクチンの接種を受ける人(代表撮影)

緊急事態宣言を出せば大丈夫、というわけではもちろんない。出されてからが肝心なのだが、今のところ、人流は十分に抑制されていないようで新型コロナウイルス感染者は増え続けている。なので、宣言にいかほどの意味があるのか、という疑問の声が聞こえてくる。実際、掛け声程度の効果しかないようにみえる

▶とはいえ、最前線の実務を担う地方自治体にとって宣言の持つ意味は小さくない。対象地域となれば国への支援要請をしやすくなる。一方、対象外の地域が独自の対策を考えて国の助力を得ようとすると、手続きは煩雑になりがちで余分にマンパワーを割かれることもあるそうだ。この忙しいときに

▶行政機関や医療関係者に負担をかけ続けるとミスを招きかねない。感染症対策でのそれは文字通り致命的なものになり得る。地元や周辺で宣言が出たり、基準に近づいたりしたら、まずは「ガチでヤバい」と受け止めることが大切。マジで。