駅で硫酸かけた男、意図的に男性狙う? 手袋も入念準備 - 産経ニュース

メインコンテンツ

駅で硫酸かけた男、意図的に男性狙う? 手袋も入念準備

逃走した男の姿が写った防犯カメラの画像(警視庁提供)
逃走した男の姿が写った防犯カメラの画像(警視庁提供)

東京メトロ南北線白金高輪駅(東京都港区)で24日夜、男性会社員(22)ら2人が男に硫酸とみられる液体をかけられるなどして負傷した事件で、逃走した男が男性の後をつける様子が防犯カメラに写っていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。何らかの理由で狙いを定めた可能性もある。警視庁捜査1課は男の画像を公開するなどし、傷害容疑で行方を追っている。

事件は24日午後9時10分ごろ発生。捜査関係者によると、駅の防犯カメラには、男が男性と同じ改札を出て、一定の距離を保って後をつける様子が記録されていた。犯行直前には何人かを追い抜いて一気に距離を詰め、地下1階のエスカレーターを降りた踊り場で、すれ違いざまに至近距離からガラス瓶に入れていた液体を顔にかける様子も確認された。

発生時、男性は携帯を見ていたという。液体は簡易鑑定で硫酸と判明。男性は顔や肩などにやけどを負い全治6カ月の重傷。また男性の後ろにいた女性会社員(34)が踊り場にこぼれた液体に足をとられて転倒した。その際、液体が付着し、足に軽いやけどを負ったという。

男は犯行直前、準備していた手袋を装着した上で、ショルダーバッグから瓶を取り出した。自らに液体が付着しないように入念に準備していたとみられる。男は30~50代で身長約175センチの小太り。上下黒っぽい服に野球帽、マスク姿だった。犯行後、出口から同区の古川橋方向に逃走した。

情報提供は高輪署(電話03・3440・0110)まで。