菅首相記者会見詳報

(7完)ロックダウン「現在の法理では困難」

緊急事態宣言の対象地域拡大などについて記者会見する菅義偉首相=25日午後9時2分、首相官邸(代表撮影)
緊急事態宣言の対象地域拡大などについて記者会見する菅義偉首相=25日午後9時2分、首相官邸(代表撮影)

=(6)から続く

--知的障害者施設ではワクチン接種が遅れている。以前、「高齢者に続いて福祉従事者、利用者、家族に優先的に接種を行う」と述べていたが、福祉従事者、利用者にワクチン接種を優先的に行う考えはあるか。介護ヘルパーにも医療資源として支援してもらう考えはあるか雌伏

菅義偉(すが・よしひで)首相「今、ご指摘をいただきました件でありますけれども、障害のある方、それぞれ特徴があります。そうしたものに配慮しながら、感染防止対策、ここは極めて大事だというふうに思っています。このために障害者向けの感染症対応のマニュアルを作成し、サービス提供等と同時に必要な感染防止対策を示していることになっています。そして、感染症対策の専門家による実地指導、こうしたものも行っているというふうに私自身は報告を受けています。今、いろんなお話がありました。施設職員に対する検査の徹底やワクチン接種、これを行いつつ、現場の声も丁寧にお伺いしながら、効果的な対策を決めていく必要があるというふうに思っています。もう一度ここは私、調べさせていただいて、また状況を改善していきたい、こういうふうに思います」

--9月下旬には自民党総裁選と米ニューヨークでの国連総会が予定されているが、米国を訪問して一般討論で演説したいとの考えはあるか。同じ時期に米国での開催が検討されている日本と米国、オーストラリア、インドの4カ国の協力枠組み「クアッド」の首脳会合の調整状況は

首相「国連総会への参加や、今言われた日米豪印の(首脳会合の)日程について、現時点においてまだ決まっていることはありません。そういうしっかりした日程が確定をしていないのが今の状況でありますので、それが確定してから考えたいと思います」

--以前、ロックダウン(都市封鎖)について問われ「日本にはなじまない」と答えていたが、何を根拠に述べたのか

首相「私、これ日本になじまないと申し上げたのはやっぱり憲法上の問題、そうしたものをクリアしなければ、なかなか難しい問題だというふうに思ってますから、なじまない、日本に現在の法律ではなかなか難しいというふうな思いの中で私は申し上げました」