生徒ら6人陽性 大阪・岸和田市立産業高でクラスター

岸和田市は24日、市立産業高校(同市別所町)で同じクラスの生徒5人と教職員1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となったと発表した。生徒5人は発熱や倦怠(けんたい)感の症状があるという。同校はクラスター(感染者集団)の発生と判断し、26日まで臨時休業とするほか、24日に予定していた始業式を27日に延期した。

市教育委員会によると、今月20日に生徒2人の陽性を確認。16~19日に就職指導やクラス活動で登校し、この生徒2人の近くにいた教職員、生徒を検査したところ3人の生徒と教師1人の陽性が判明した。

会員限定記事会員サービス詳細