工藤会判決

トップに死刑判決、市民襲撃4事件 福岡地裁

判決理由を聞く特定危険指定暴力団工藤会トップの野村悟被告(中央)とナンバー2の会長田上不美夫被告(右)
判決理由を聞く特定危険指定暴力団工藤会トップの野村悟被告(中央)とナンバー2の会長田上不美夫被告(右)

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関わったとされる一般市民襲撃4事件で、殺人と組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われた会トップの総裁、野村悟被告(74)らに対する判決公判で24日、福岡地裁の足立勉裁判長は、求刑通り死刑を言い渡した。ナンバー2、田上不美夫被告(65)には無期懲役を言い渡した。


足立勉裁判長は4事件いずれも、野村被告の関与を認定し、判決は主文の言い渡しを後回しにしていた。判決公判は午前11時40分ごろに休廷し、午後1時10分ごろ再開された。

4事件は、平成10年の元漁協組合長射殺事件のほか、平成24年の元福岡県警警部銃撃、25年の看護師襲撃、26年の歯科医襲撃。

関連・「あんた生涯後悔するぞ」トップ、裁判長に怒声

関連・工藤会トップ・野村悟被告 死刑判決要旨