安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品18位 「高山寺近く」

高山寺近く
高山寺近く

随分前のことだが、仕事上の理由のため、絵巻「鳥獣人物戯画」の本物を見たことがある。

京都に行くようになって、これまで何度も高山寺の下を通り、「高山寺や神護寺というのはここだったのか」と感を深くしたことはあったが、たまたま雪の日に駐車場を通りかかり、近くまで行ってみることにした。

どうも、そこは裏参道であったらしい。コケむした石垣を手がかりに、石段をゆっくりと登った。

それほど寒くはなかったが、建物の屋根は雪で真っ白だった。

(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■令和四年カレンダー「安野光雅 洛中洛外」発売