フォト特集

大谷、子どもたちからサイン攻め 〝リトルの聖地〟で活躍 

子どもたちのサインの求めに応じるエンゼルス・大谷=22日、ウィリアムズポート(球団提供・共同)
子どもたちのサインの求めに応じるエンゼルス・大谷=22日、ウィリアムズポート(球団提供・共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷は22日、ペンシルベニア州ウィリアムズポートでのインディアンス戦にフル出場。全米各地から集まった子どもたちが憧れのまなざしを送る中、大谷が3度の出塁で期待に応えた。

リトルリーグ世界大会が行われる聖地での年に1度の公式戦。試合中には中継したスポーツ専門局ESPNのインタビューを受け「たくさんの子どもの前でプレーできて楽しい」と柔和な表情を浮かべた。

ウオーミングアップするエンゼルス・大谷を見つめる子どもたち=22日、ウィリアムズポート(AP=共同)
ウオーミングアップするエンゼルス・大谷を見つめる子どもたち=22日、ウィリアムズポート(AP=共同)

自身も岩手県の水沢リトル時代に目指していた場所に、メジャーリーガーになって初めて訪れた。試合前には子どもたちへのサインと記念撮影に応じ「少年時代に見てた球場を見られて、いい経験になった」。16日から5都市を回る過酷な遠征が続く中、充実した時間を過ごした。(共同)

子どもたちのサインの求めに応じるエンゼルス・大谷(手前右)=22日、ウィリアムズポート(球団提供・共同)
子どもたちのサインの求めに応じるエンゼルス・大谷(手前右)=22日、ウィリアムズポート(球団提供・共同)
子どもたちのサインの求めに応じるエンゼルス・大谷=22日、ウィリアムズポート(AP)
子どもたちのサインの求めに応じるエンゼルス・大谷=22日、ウィリアムズポート(AP)
子どもたち(後列)と記念写真に納まるエンゼルスの大谷(前から2列目の左端)ら=22日、ウィリアムズポート(球団提供・共同)
子どもたち(後列)と記念写真に納まるエンゼルスの大谷(前から2列目の左端)ら=22日、ウィリアムズポート(球団提供・共同)

会員限定記事会員サービス詳細