共産、宮城4区で差し替え 県議補選に伴い

共産党宮城県委員会は23日、次期衆院選宮城4区の候補者を元仙台市議の船山由美氏(53)に差し替えると発表した。元多賀城市議の藤原益栄氏(64)が今秋の県議補選に立候補するため。船山氏は、元々出馬を予定していた比例代表東北ブロックとの重複立候補となる。

船山氏は同県丸森町出身で、市議4期。仙台市内で記者会見し「第1次産業が大切にされる政治になるよう全力で取り組む」と述べた。