首相「謙虚に受け止める」 横浜市長選の結果受け

横浜市長選の敗戦から一夜明け、記者団の質問に答える菅義偉首相=23日午前、首相官邸(春名中撮影)
横浜市長選の敗戦から一夜明け、記者団の質問に答える菅義偉首相=23日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は23日午前、自身が全面支援した前国家公安委員長の小此木八郎氏が落選した22日の横浜市長選挙の結果について「大変残念な結果だった。市民の皆さんが、市政が抱える新型コロナウイルス問題とか、さまざまな課題について判断をされたわけだから、謙虚に受け止めたい」と述べた。首相官邸で記者団の取材に応じた。

首相は、政府のコロナ対策に対する世論の反発が選挙結果に影響したとの見方に関し「政府としてはコロナ対策最優先で取り組んでいる」と言及。「できる限り説明をしながら、この急激な感染拡大を阻止し、安定したかつての日常を一日も早く取り戻せるよう、全力で取り組んでいく」と述べた。

自民党総裁選に立候補する意思について問われると「時期が来れば出馬させていただくのは当然だ。その考え方に変わりない」と強調した。