メダルかじった河村市長、職員に手書き謝罪文

名古屋市の河村たかし市長が市職員に向けて出した謝罪文のコピー=23日午前、名古屋市役所
名古屋市の河村たかし市長が市職員に向けて出した謝罪文のコピー=23日午前、名古屋市役所

名古屋市の河村たかし市長は23日、東京五輪ソフトボール日本代表、後藤希友(みう)選手(20)の金メダルをかじって市への抗議や苦情が殺到した問題で、市職員に向け「数多くの電話、メール、手紙などが寄せられ業務に迷惑を掛けております。全て私が悪かったことでございます。謹んでおわび申し上げます」との手書きの謝罪文を出した。

この日、幹部を集めた会議で配布し、現場の職員にも共有するよう要請した。

河村氏は市役所で後藤選手の表敬訪問を受けた4日、突然マスクを外してメダルをかじった上、「恋愛は禁止か」などと発言した。

市によると、20日時点で市への苦情や抗議は1万5千件近くに上る。公務にも支障が出るようになり、河村氏は3カ月分の市長給料計150万円の全額カットを表明している。

■後藤選手の「金」交換へ 河村市長のメダルかじりで

■河村名古屋市長、4月に「金しゃち」もがぶり 特別展で

会員限定記事会員サービス詳細