浪速風

子供たちにこそ響くだろう

東京パラリンピックの開幕を24日に控え、夕闇に浮かび上がる大会シンボルマークのモニュメント=22日夕、東京・お台場
東京パラリンピックの開幕を24日に控え、夕闇に浮かび上がる大会シンボルマークのモニュメント=22日夕、東京・お台場

東京五輪が終わってお盆が過ぎ、気付いたら明日から東京パラリンピックが始まる。無観客は残念だが、新型コロナウイルスの感染拡大がさらに厳しい状況下だ。テレビやネットを通じて精いっぱいの応援を送りたい

▶そんな中、パラ会場で子供たちに観戦機会を与える「学校連携観戦プログラム」が実施される。このところ家庭内などで子供たちの感染が増えており、懸念する声をあちこちで聞いた。修学旅行や学校行事を中止・延期するのにパラ観戦はいいのかという意見も。行事の重さは個人によって違いさまざまな考えがあるのは当然だ

▶けれど、障害がある人たちが力強くスピーディーに活躍する姿を目の前で見られる機会こそそうあるものではない。子供たちの心に何か響くものがあるだろう。会場では十分なスペースをとるなど十分なコロナ対策を。そういえば明日からは地蔵盆だ。子供を守るというお地蔵さまに無事な開幕と閉幕を願う。