俳優の辻萬長さん死去 「鎌倉殿の13人」降板

辻萬長さん
辻萬長さん

俳優の辻萬長(つじ・かずなが)氏が18日、腎盂(じんう)がんのため死去した。77歳。葬儀・告別式は家族葬で行った。

昭和40年に劇団俳優座付属俳優養成所を卒業。故井上ひさし主宰の劇団「こまつ座」に所属し、数多くの舞台や映像作品に出演した。主な舞台出演作に「きらめく星座」「日の浦姫物語」「父と暮せば」「NINAGAWA マクベス」「大地」など。

映像作品では、NHK連続テレビ小説「なつぞら」や、TBSの日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」「危険なビーナス」などに出演。13日に放送されたNHK終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」が、最後のドラマ出演となった。

来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に伊東祐親役で出演予定だったが、先月16日に降板を発表していた。