東京都、渋谷で酸素ステーション運用開始

21日に公開された「酸素ステーション」=東京都渋谷区
21日に公開された「酸素ステーション」=東京都渋谷区

東京都は23日、救急搬送を要請した自宅療養中の新型コロナウイルス感染者が酸素投与を受けられる「酸素ステーション」の運用を始めた。旧国立児童館「こどもの城」(渋谷区)に130床を設置し、24時間態勢で受け入れる。療養者の重症化予防や救急隊、保健所の負担軽減が狙い。

酸素ステーションには医師3人、看護師25人が常駐。救急隊が軽症と判断した感染者を医師が診察し、酸素投与を行う。症状がさらに悪化すれば入院を検討し、軽快すれば帰宅してもらう。1、2泊の短期滞在を想定している。

都内では自宅療養者と療養先の決まっていない患者が22日時点で計3万9千人を超え、支援の拡充が急務になっている。都は都立病院などでも今月中に計110床程度の酸素ステーションを整備する方針。

会員限定記事会員サービス詳細