人間国宝の能楽シテ方、野村幻雪さん死去 - 産経ニュース

メインコンテンツ

人間国宝の能楽シテ方、野村幻雪さん死去

死去した野村幻雪さん
死去した野村幻雪さん

能楽観世流シテ方で人間国宝の野村幻雪(のむら・げんせつ、本名四郎=しろう)さんが21日、多発血管炎性肉芽腫症のため死去した。84歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は長男、昌司(まさし)氏。後日お別れの会を開く予定。

和泉流狂言の六世野村万蔵の四男として生まれたが、能の美しさに魅了され昭和27年に観世流宗家観世元正(後の左近)に入門し、能シテ方の道へ進んだ。卓越した技量と優美な芸風で平成28年に人間国宝に認定された。日本能楽会会長や観世会顧問も務めた。

東京芸術大名誉教授。兄はいずれも人間国宝で狂言師の野村萬さん、万作さん。