不動産取引にも「ワンクリックで購入」の感覚を 米大手サイトがAIの進化を加速させる理由

米国の大手不動産情報サイトを運営するZillowが、住宅買い取り事業に人工知能(AI)を活用し始めた。その目的は、ネット通販の「ワンクリックで購入」の感覚を不動産市場に取り入れることにある。

TEXT BY KHARI JOHNSON

TRANSLATION BY TOMOKO TAKAHASHI/GALILEO

WIRED(US)

家を売りに出したら、提示した価格に数万ドル(数百万円)を上乗せして現金一括払いで買いたいという申し出があった──。不動産価格が高騰している最近の米国では、そんな話をしばしば耳にするようになっている。米国における住宅市場の在庫は2021年に入って過去最低を記録し、一方の住宅価格は過去最高を記録したのだ。

こうした狂気じみた状況を物語るツイートを、不動産仲介業者Redfinの最高経営責任者(CEO)であるグレン・ケルマンが投稿している。ある家の購入希望者が自分たちの第一子に売主の名前を付けると提案したものの、その申し出が通らなかったというのである。

住宅価格の見積もりをAIで

米国の住宅市場の過熱を受け、不動産情報サイト「Zillow」を運営するZillowは21年2月、同社による見積価格を最初の提示額とする現金一括払いでの住宅買い取りサービスを開始した。さらに同社は見積もりの精度が上がるよう、そしてより多くの買い取りオファーを出せるよう、価格推定アルゴリズムをアップデートしたとこのたび発表したのだ。

これまでZillowは、約90万の物件の所有者に対して現金一括払いによる買い取りオファーを自動で提案していた。それがAI(人工知能)に変更を加えたことで、対象となる物件の数が30%増えると同社の最高分析責任者(CAO)のスタン・ハンフリーズは言う。なお、Zillowの広報担当者いわく、同社の物件買い取りプログラム「Zillow Offers」を通すと、最短1週間で売却を完了できるという。

これまでZillowは、それぞれの地域市場に対応した約1,000種類のアルゴリズムを使って住宅価格を決定していた。だが今後は、全米の住宅価格をひとつのニューラルネットワークに基づいて決定するという。

Zillowによると新しいアルゴリズムのおかげで、全米約30地域における非公開物件の推定価格の誤差が11.5パーセント縮まるという。以前のアルゴリズムと比較して誤差が最も縮小したのはアリゾナ州フェニックスで、テキサス州サンアントニオ、フロリダ州タンパ、テキサス州ヒューストンが続く。

Zillowは新しいアルゴリズムを用いることで、米国の23市場にある1億400万件の物件の推定価格をより頻繁に更新していく。同社が創業した05年ごろの更新頻度は月1回で、最近では週に数回になっていたが、今後は毎日更新される物件も出てくるという。

会員限定記事会員サービス詳細