都、酸素ステーション公開 23日から受け入れ - 産経ニュース

メインコンテンツ

都、酸素ステーション公開 23日から受け入れ

「酸素ステーション」を視察する東京都の小池百合子知事(右)=21日午後、東京都渋谷区
「酸素ステーション」を視察する東京都の小池百合子知事(右)=21日午後、東京都渋谷区

東京都は21日、新型コロナウイルスの自宅療養者で救急搬送を要請した人が酸素吸入を受けられる「酸素ステーション」を報道陣に公開した。旧国立児童館「こどもの城」(渋谷区)の建物内に130床を設置し、23日から24時間態勢で患者を受け入れる。

小池百合子知事も視察し、「重症化をいかに食い止めるかは重要なテーマ。さまざまなニーズに応えられるよう進める」と述べた。今月中に都立病院などに110床程度のステーションをさらに整備する方針。

渋谷区のステーションは、ホールにベッドや酸素吸入器を設置。常駐する3人の医師が、搬送されてきた患者を診察し、酸素投与や入院の必要性を判断する。看護師も25人配置される。患者は1、2泊の短期滞在が想定されており、症状が軽くなったら帰宅する。

都によると、患者の症状が軽いほど搬送先が決まらず、救急隊や保健所の負荷が高まっていた。