ソフトバンク和田投手のグラブ窃盗容疑 清掃員逮捕

福岡県警中央署は21日、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの本拠地「ペイペイドーム」内のロッカールームから、選手のグラブを盗んだとして窃盗容疑で、清掃員、中浜英寿容疑者(23)=福岡県糸島市井原=を逮捕したと発表した。逮捕は20日付。関係者によると、被害に遭ったのは和田毅投手(40)。

逮捕容疑は19日午後7時35分ごろ、福岡市中央区地行浜のペイペイドーム内の選手用ロッカールームで、グラブ(時価約10万円相当)を盗んだとしている。署によると、容疑を認め「売ってお金にするためだった」という趣旨の供述をしている。

中浜容疑者は施設内の清掃を担当する業者として出入りしており、防犯カメラなどから浮上した。19日は試合がなく、ロッカールームは無人だったという。

球団関係者から「7月以降、複数の選手の道具が盗まれているようだ」との相談があり、捜査していた。署は他の被害の確認を進め、容疑者との関連を調べる。