G7外相 アフガン情勢で緊密な連携確認

記者会見する茂木外相=8月10日、外務省
記者会見する茂木外相=8月10日、外務省

アフガニスタン情勢をめぐり、先進7カ国(G7)の外相会合が19日、オンライン形式で開かれ、G7として引き続き緊密に連携していく方針を確認した。日本はヨルダンを訪問中の茂木敏充外相が出席し、アフガンから出国を希望する人の安全な退避が喫緊の課題であることや、人道危機の回避に向け、現地の支援機関の安全と活動の自由が重要であることを訴えた。

茂木氏が会合後、オンライン記者会見を行い、明らかにした。

茂木氏は、イスラム原理主義勢力タリバンによる政権を正式な政権として承認するかについて「言葉だけでなく、実際の行動を見ていく。かつての苛烈なイスラム統治に戻ることを望んでいない」と述べ、女性の人権に対する姿勢などを見極める考えを示した。

G7は来週、首脳によるオンライン会議を開催する予定だ。