一聞百見

女性を育て、社会を変える 前大津市長・越直美さん

まっすぐに、パワフルに

弁護士事務所時代も含め、決して言葉通り、単に集中力が続かないのではないだろう。むしろ、満足できなくなるのか。

「なんでも集中してやるが、先が見えたらダメなんです。『こうなって、こうなると、こうなる』とか。自分の中の慣れでしょうか」

10年一区切りとはよくいわれる。しかし、実際に区切りをつけ、ステージを変えるのは、仮に願望があっても私のような凡人には難しい。それを実現してきた。「OnBoard」もその延長線上にある。

今後の10年については、「45歳からの10年が、何か新しいことができる最後の10年といわれました」。これまで同様に名前の通り真っすぐに、そして、パワフルに進んでいく覚悟がにじみ出ていた。

約1時間の取材の最後に10年後以降、つまり、「OnBoard」後について聞いてみた。

「考えていません。決まっていないのがいい。市長をやっているときも、退任後は自由、白紙でした」

未来を楽しむような飛び切りの笑顔だった。(野瀬吉信)

【プロフィル】こし・なおみ 昭和50年、大津市出身。平成13年、北海道大大学院修了。21年、米ハーバード大ロースクール修了。24年に史上最年少の女性市長として大津市長に就任し、2期8年務める。令和2年、三浦法律事務所パートナー弁護士。日本、ニューヨーク州、カリフォルニア州弁護士。3年2月、女性役員育成・紹介企業「OnBoard」設立。ソフトバンクなどの社外取締役も務める。

会員限定記事会員サービス詳細