みずほシステム障害 利用客ら「もう何度目なのか」

みずほ銀行の店舗=大阪市中央区(前川純一郎撮影)
みずほ銀行の店舗=大阪市中央区(前川純一郎撮影)

システム障害が発生し、みずほ銀行とみずほ信託銀行で20日、窓口での入出金や振り込みといった取引が一時できなくなった。支店などの利用客からは「もう何度目か分からない」とあきれたような声が聞かれた。

みずほ銀行船場支店(大阪市中央区)では同日午前、入り口に一部取引に支障が出ていることを知らせる紙が張られた。目立った混乱はなかったが、支店内では職員が利用者をATM(現金自動預払機)に誘導するなどしていた。

従業員の保険料の出金や送金手続きのため同支店を訪れた60代の女性団体職員は「時間がかかりそうなので月曜日に出直すことにした」とがっかりした様子。口座振り込みのために訪れた男性会社員(39)は「他の銀行よりトラブルが多い。信頼回復のためにしっかりしてほしい」と話していた。