新型コロナワクチンの健康被害、初の認定 男女29人

厚生労働省=東京都千代田区
厚生労働省=東京都千代田区

新型コロナウイルスワクチン接種後の健康被害について、厚生労働省の専門分科会は19日、41人分の申請について審議し、22~66歳の男女29人の健康被害を認定した。予防接種法に基づく救済制度で、新型コロナワクチンについて初めて審議された。

29件の内訳は、ワクチン接種後の重いアレルギー反応である「アナフィラキシー」15件、「急性アレルギー反応」6件、「アナフィラキシー様症状」8件。29人には医療費と医療手当が支給される。

残る12件は保留となり、次回の分科会で審議される。厚労省によると、今回審議した41件の他に約60件の申請があるという。