イスラエル首相「自由なインド太平洋」支持 茂木外相と会談

茂木敏充外相
茂木敏充外相

茂木敏充外相は訪問先のイスラエルで18日、ベネット首相、ラピド外相とそれぞれ会談した。6月の新政権発足後、日本の外相として初訪問。日本が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想に両氏の支持を得た。中東情勢の安定化へ連携する方針で一致。両国の貿易と投資の自由化を目標に、政府間の協力を進めると申し合わせた。

茂木氏は、インド太平洋構想について「中東地域の発展にも資する」と強調。日本側によると、ベネット氏から完全な賛同を得た。

中東和平問題をめぐり、茂木氏はイスラエルとパレスチナが共存する「2国家解決」を支持すると説明し、当事者間の信頼醸成への協力を要請。ベネット氏は「日本を含む国際社会とともに、地域の安定に向けて連携したい」と応じた。