【安野光雅が描く洛中洛外】もう一度見たい作品23位 「伊根の舟屋」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品23位 「伊根の舟屋」

伊根の舟屋
伊根の舟屋

この伊根町の舟屋ほど「ここが見たい」と思ったところは少ない。

舟屋は、漁に出る船と人間が同居し、船に雨がかからないように大切に収納するように造られた切り妻の建物で、どこにでもありそうなものなのに、この伊根町にしかない。

1軒でも悪くないが、それがたくさん並んで独特の、しかも奇異ではない風景になっている。この「奇異ではない」ところが大切で、東京スカイツリーのように高さやエレベーターを問題にするようなものとは比べられない。

また来たくなるような飽きない風景である。(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■令和四年カレンダー「安野光雅 洛中洛外」発売