EU「タリバンとの対話必要」 人道危機の阻止を重視

17日、アフガニスタン・カブールで、政権掌握後初の記者会見をするイスラム主義組織タリバンのザビウラ・ムジャヒド報道担当者(左端)(共同)
17日、アフガニスタン・カブールで、政権掌握後初の記者会見をするイスラム主義組織タリバンのザビウラ・ムジャヒド報道担当者(左端)(共同)

欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は17日、アフガニスタンでの人道危機や難民の大量流出を防ぐため、イスラム原理主義勢力タリバンと「必要な限り早急に、話し合いのために接触せねばならない」と述べた。

ボレル氏の発言は、アフガン情勢をめぐってEUが同日開いた非公式外相会合後の記者会見でのもの。「欧州に大量の難民が流入しないようにせねばならない」と主張し、難民流出が予想されるアフガン近隣国に対する支援の必要性を訴えた。

ボレル氏はまた、タリバンとの対話では、外国のテロ組織がアフガンに流入するのを阻止することも重要な課題になると発言した。女性の人権状況に懸念を示したうえで、「いかなる政治状況であっても、人道支援は必要。開発支援とは明確に区別せねばならない」と述べ、人道支援のための対話は、タリバンによる政権の承認には当たらないと強調した。

外相会合は、「将来のアフガン政府との協力は、女性や少数派の人権尊重、腐敗防止、テロ組織による国土利用の阻止が条件になる」とする声明を発表した。(パリ支局 三井美奈)