現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

新型コロナ対応、全体戦略持て 日本医科大学特任教授・松本尚

日本医科大学教授・松本尚氏
日本医科大学教授・松本尚氏

今月3日、政府は新型コロナウイルスの感染拡大による入院病床の逼迫(ひっぱく)に対し、重症者や重症化リスクの高い患者以外は自宅療養を基本とする方針を発表した。

中等症の扱いが不明確なことや自宅療養者の経過観察の方法などに懸念があり、この方針転換には批判の声が上がった。災害時医療の視点からは医療ニーズが医療リソースを上回った場合には一定のルールに則(のっと)り患者の「選別」を行わざるを得ない。この政府方針に根本的な誤りはないのであるが、批判を受ける背景には政府の戦略性の欠如があると思っている。

≪ワクチン接種も戦略的に≫

ランキング

  1. 【産経抄】7月4日

  2. 【異論暴論】8月号好評販売中 電力と国家 衰退へ突き進むのか

  3. 【田村秀男の経済正解】中露はG7首脳声明をせせら笑う

  4. 【主張】G7「気候クラブ」 仲良し会ではあり得ない

  5. 【浪速風】「歴史的」が「歴史」になるのか

  6. 【正論】魂の入った「危機管理庁」構築を シカゴ大学名誉教授・中村祐輔

  7. 【主張】拉致と参院選 解決への意思を熱く競え

  8. 【世界の論点】ウクライナのEU加盟候補国入り

  9. 【産経抄】7月2日

  10. 【産経抄】7月3日

会員限定記事