日医会長、臨時医療施設の整備を主張 中等症患者に対応

日本医師会の中川俊男会長=東京都文京区
日本医師会の中川俊男会長=東京都文京区

日本医師会の中川俊男会長は18日の記者会見で、自宅療養を余儀なくされている新型コロナウイルスの中等症患者に対応するため、イベント会場や体育館などを臨時の医療施設として活用すべきだとの考えを示した。企業の研修施設の活用に向け、経団連と協議を進めていることも明らかにした。

中川氏は「自宅療養では往診も電話も24時間常につながっているわけではない」と指摘。臨時の医療施設について「個室ではなく、患者を見渡せる。急変を早急に察知できる利点がある」と述べた。患者の対応にあたる医療従事者の確保に向けては、全国の地域医師会や日本看護協会の協力が得られるとした。