ガニ元大統領はオマーン滞在か アフガン出国、情報錯綜

アフガニスタンのガニ元大統領(ロイター)
アフガニスタンのガニ元大統領(ロイター)

イスラム主義組織タリバンの首都制圧を受けアフガニスタンを出国したガニ元大統領の所在に関する情報が錯綜している。ロシアメディアは当初、ガニ氏が空路で旧ソ連・中央アジアのタジキスタンかウズベキスタンに向かったと伝えたが、両国とも否定。16日になってロシア通信が、中東のオマーンにいると報じた。

ロシアメディアによると、ガニ氏は15日、妻や数人の側近と共に出国。タジキスタンの首都ドゥシャンベに短時間とどまった後、オマーンに向かった。この際、ガニ氏を乗せた飛行機の領空通過についてタジク、ウズベクのほかトルクメニスタンやイランの当局間で合意ができていたという。

一方、インタファクス通信は駐タジクのアフガン大使が、ガニ氏の到着に関する情報を否定したと伝えている。

在アフガンのロシア大使館広報官は、ガニ氏が出国の際、車4台分の現金を持ち出したと指摘。ロシアのカブロフ外務省アジア第2局長は「最も恥ずべき形で国から逃げた」と批判した。(共同)