後進の指導に意欲 クライミング「銅」野口さん

中山一生市長(右)を表敬訪問し、銅メダルを掲げる野口啓代さん=18日、龍ケ崎市役所(篠崎理撮影)
中山一生市長(右)を表敬訪問し、銅メダルを掲げる野口啓代さん=18日、龍ケ崎市役所(篠崎理撮影)

東京五輪のスポーツクライミング女子で銅メダルを獲得した野口啓代さんが18日、地元の茨城県龍ケ崎市の中山一生市長を表敬訪問し、現役最後の大会を終えた後のプランについて「(今後の五輪で)日本人選手の金メダルが見たいなとすごく思った。サポートや指導する立場として、協力できることがあったらやっていきたい」と語った。

32歳の野口さんは龍ケ崎市の実家にある壁を拠点に練習し、日本女子の第一人者として長く活躍。競技が初採用された東京五輪を最後に現役を退いた。「市の皆さんにはずっと応援してもらっていた。メダルを見せることができて本当に良かった」と笑顔で話した。

会員限定記事会員サービス詳細