知ってる

有明ガーデン③ サウナ愛好家も高評価 ホテル温浴施設

泉天空の湯
泉天空の湯

東京湾岸の〝新たな街〟「有明ガーデン」(東京都江東区)。遠方からの来訪者などの宿泊拠点がホテル「ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明」(全749室)だ。エリア内に東京五輪・パラリンピックの会場が複数あることもあって現在、客室はほぼフル稼働の状態が続く。

ホテル内のレストランはマスクや検温、消毒、人数制限などの感染対策を徹底。和洋中のブッフェは、使い捨て手袋を着用して取り分けるようにした。

併設する温浴施設「天然温泉『泉天空の湯』」は、約3千平方メートルという広さを誇るため、人が「密」になりにくい。日替わり湯や寝転び湯、炭酸泉などの内湯のほか、女性専用ジャグジーを設置した露天風呂や岩盤浴も楽しめる。

宿泊者だけでなく、エリアの住民や来訪者も利用できるが、なかでも好評なのがサウナだ。季節や混み具合によって設定は変更するが、6分ごとに自動で蒸気を発生する「オートロウリュ」のほか、水温16、17度が一般的とされる水風呂(男性用)は、9度の設定が可能で、愛好家は10度未満の〝シングル〟だと喜ぶ。

そのハイスペックさは民放の専門番組や動画投稿サイト「ユーチューブ」などでも取り上げられている。

運営する住友不動産商業マネジメントの藤勝之・営業本部本部長は「女性も利用してもらいやすい自信のある施設だが、愛好家の方々の高評価はわれわれの想像以上」と話している。(取材協力 住友不動産)