尾身会長がコロナ対策「メッセージの出し方も改善の余地」

衆院内閣委員会で答弁するコロナ対策政府分科会の尾身茂会長=18日午後、衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院内閣委員会で答弁するコロナ対策政府分科会の尾身茂会長=18日午後、衆院第1委員室(春名中撮影)

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は18日の衆院内閣委員会の閉会中審査で、政府のコロナ対策に関して「社会全体が協力してくれる状況になっていない。メッセージの出し方も改善の余地がある」と注文を付けた。

尾身氏は感染急増の原因として、デルタ株と国民の「コロナ慣れ」を指摘。感染状況については「実際に報告されたよりも、実態の感染者はもう少し多いと思う」とも述べた。理由として検査の供給不足や「検査を積極的に受けようとしない」人がいるため、無症状者などの捕捉が十分できていない可能性を挙げた。